2018年12月22日

危なかった

ドアを開けるとクロがいたのでびっくり。
s-CIMG9533.jpg

いつからいたのだろうか。
振り向くクロ。
s-CIMG9534.jpg

電話中だったからか
鳴き声は聞こえなかった。
良い子にしていたのね。
s-CIMG9535.jpg

妹が親戚の人から母の父方のルーツを知りたいというので
家系図や祖父が書いたエッセイを探してるとか。
珍しい名字で全国でごく僅かだとか。
丁度、本の整理をしていてもう出したのもあるから
今、実家にあるかどうか今日探しに来た。
家系図はあったので妹に連絡した。
電話を切りさて本を探さないと振り向くと
すぐに目に入ったのは祖父の手記の「部落夜話」
(後で調べると国会の図書館に寄贈していた)だった。
s-DSCF1864.jpg

もうびっくりした。一番上に置いてあり出さなくて良かった。
他にもあった。少し読むと祖父は満州でソ連兵に捕まり捕虜になっていた。
母親(祖母)と子供である母達4人は先に日本に返された。
印度兵兵舎で生きて日本に帰れるかと。
故郷や妻子の事を月を見ながら思っていたとか。
敬虔なクリスチャンで99歳で天に召された。
仏教では享年100歳にあたる。
s-DSCF1865.jpg
左、祖父は3男(19歳)である。長男とその教授、親戚の建築士(右端)。 
右、17歳宮島で長男と。大正10年故郷 錦町。

分かってる初代は1600年頃(関ヶ原の戦い)のお墓があったとか。
錦町は2年前節分草2輪草を撮り行った事がある。
妹は大した先祖ではないと言っていたけどそうでもないようだ。
s-DSCF1867.jpg
親戚には戦艦大和に乗り運命をとにした28歳の若者もいた。
没後は曹長になったとか。
私は全く知らなかった。
おじいちゃん、ごめんなさい。これも何か知らせてくれたのね。

ポチリとよろしくしくお願いしますかわいい

28.gifにほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ28.gif28.gif

ペット(猫) ブログランキング
ペコリ(o_ _)o))


posted by 猫の妖精 at 19:08| Comment(5) | クロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。